このメッセージは、就職活動を始めようとしている大学三年生に向けて伝えたものです。

企業側の視点でも、学生に選択してもらえる、そして期待を持って入社してもらえる状態でなければなりません。

© 2016 by Ace In Time LLC